SEO対策の方法を知って売上げアップ!上級ウェブ解析士がSEO対策を解説!

こんにちは!シゲです!皆さんSEO対策真面目に取り組んでいますか?

競合が犇めき合う中で、サイトの売上げや広告収入アップにはSEO対策は欠かせないものとなっています。 なかなか思うような対策が出来ていない方多いのではないでしょうか。

SEO対策はすぐには効果が出ないですが、コツコツちゃんと取り組めば結果は付いてきます。 ですがやり方をきちんと学んで、的確に集客していきましょう!

・この記事は下記のような方に向けて配信しています。

  • ・SEO対策ってどうやってするの?
    ・売り上げがなかなか思うように上がらない。 
    ・ブログで集客を試みているが、なかなか思うように集客できていない。
    ・お金をもっと稼ぎたい!

 

しょうたろう
私はもっとお金を稼ぎたいかな!お金お金お金お金お金!
しげ
ものすごい守銭奴だ…SEO対策は戦力的にコツコツと実行するのが大事!一緒に頑張りましょう
 

まずはペルソナを作り、自分が提供しているサービスを使用する、ユーザー像を把握しよう!

ペルソナ説明画像

ペルソナというのはその商品を購入する方で最も重要なモデルの事を言います。簡単に言いますと、その商品やサービスを購入するであろう、1人の架空人物として想像します。

ペルソナを作成することによって、ペルソナのニーズを満たす記事が鮮明になるからです。
ペルソナが鮮明になることで、そのペルソナに向けたニーズを満たすような記事を書きやすくなります。

また、なんとなくタイトルを書いている方もいらっしゃる方もいるとは思いますが、タイトルのキーワードも選定しやすくなります。
結構大変かもしれませんが、頑張って設定してみましょう!

 

例で下記をあげてみました!こちらはマイホームの購入を考えている方のペルソナです。



名前
:吉澤春人
年齢:36歳
勤め先:半導体製造会社・マーケティング業
勤務地所在:東京都港区
年商:約500億
従業員数:約800人
役職:副部長
年商:800万円
情報収集の手段:インターネット(専門サイト、メルマガ)SNS(Facebook、Twitter)、雑誌
趣味:車が趣味で、車の電気系統や簡単な改造は自分でする。よく近くの海までドライブに行き、テラスのあるカフェで、車を眺めながらコーヒーを嗜んでいる。
最近の悩み事:マイホームを購入したいが、業者が色々あり迷っている。予算をどれぐらい見積もれば良いのか分からないので、大体の見積もりを確認したい。妻が今現在住んでいる家の台所や水回りが使いずらいと不満を漏らしていて、専業主婦の妻の課題解決したい。

マイホーム購入を決定っする要因:趣味の車が楽しめ様に設計された住宅。家事動線がしっかりされた主婦に優しいマイホーム。価格に対して的確にアドバイスできる建築士がいる業者がいい。
上記をペルソナを作成しましたが、実際のユーザーと照らし合わせて、その都度変更する必要があります。
また関係と協力してペルソナを作成することにより、お客様の課題や生活行動の考察、自社が提供可能な価値を具体化し共有できる様になります。
 
しょうたろう
ペルソナを作成するのは大変そう。でも自社のお客さんを知ることは大切だよね
しげ
そうだね!お客さんをペルソナとして共有していけば、それぞれがそのペルソナに対し、どういったサービスを提供していけばいいか、共通概念ができ円滑に物事が進められる様になるからね。
 

キーワードの洗い出しをしよう!

自社に関連するであろうキーワードを洗い出していきます。キーワードの洗い出しに、私はgoodKeywordを使用しています。
goodkeywordは無料で使用できるツールで、検索窓で検索したキーワードに対し関連するキーワードが表示されます。

goodkeywordは自分が気付いていないユーザーのニーズを見つけ出すために使用します。自分で悶々と考えていてもなかなか気づかない部分もありますから、こういうツールを活用することをお勧めします!

 

goodkeywordを使ってのキーワード選定のやり方

実際にgoodkyewordの使い方をご説明します。

1.goodkeywordの検索窓にキーワードを入力します。(ペルソナが入力しそうなキーワードを入力してもいいですね!)

 

2.キーワードの一覧が表示されます。この一覧がユーザーが入力した実際のキーワードになります。この中から対策するキーワードを探し出します。

キーワードの横にあるG B Yというのは、検索エンジンの頭文字になり、クリックするとそれぞれの検索エンジンにリンクします。

G → Google
B → Bing
Y → Yahoo

goodkeywordサジェスト一覧

 

3.表示されたキーワードを全てコピーと記載されたテキストエリアをクリックします。

 

4.キーワードプランナーを使って、キーワードの検索ボリュームを調べます。キーワードプランナーってなに?と思われる方もいるかと思いますが、「SEOラボ」様で詳しく掲載さてていますので、こちらをご確認ください。

SEOラボ
https://seolaboratory.jp/1517/

検索のボリュームと予測のデータを確認するを選択します。

キーワードプランナー画面

 

5.goodkeywordの「表示されたキーワードを全てコピー」でコピーしたキーワードリストをペースとし、「開始する」をクリックします。

検索のボリュームと予測のデータを確認する

 

6.「過去の指標」をクリックをします。

 

7.「①月間平均ボリューム」をクリックしキーワードのボリュームを降順で並べ、ボリュームの大きい順に並べます。ペルソナで考えますと、相場が気になる事の一つでなので「注文 住宅 相場」「注文 住宅 価格」「注文 住宅 予算」が該当します。
このキーワードに対しコンテンツを作成する事を考えます。

私の場合は広告を発信している為、検索数が「27,100」「3,600」といった具体的な数字が表示されていますが、広告を発信していないアカウントについては「100~1000」「1000~1万」などざっくりとした表示になります。基本考え方は同じなので、ボリュームの大きい順に対策をしていきます。

少額(500円)ぐらい広告費を払えば表示されるようなので、ものすごい使えるツールを月500円で借りれると思えば安いものですね
 

月間検索ボリューム

 

しょうたろう
キーワードの選定って結構奥が深いですねー。私もキーワード探し出して、タイトルにいっぱい入れまくってやるぞ!
 
しげ
こらこら!入れすぎて訳がわからないコンテンツにならないように!現実でも質問に対して、的外れの回答があったらわけわからんでしょ!一つの検索意図に対してちゃんと答えを返す様な記事にしてください。
 
「注文 住宅 相場」の時は注文住宅の相場を知りたいのに、「借家の相場」の事を書いても意味がありません。誰に向けて発信しているのかをよく考えて、キーワードの選定を考えましょう!

タイトルやユーザーニーズを一覧化し、管理する

キーワードプランナーには表示されたキーワードをダウンロードできる機能がついています。
ダウンロードされたキーワードをエクセルで管理する方法をお伝えします!

1.キーワードプランナーの右上にあります、下矢印アイコンをクリックします。

 

2.プランの過去の指標をクリックし、レポートをダウンロードします。

 

3.CSVがダウンロードできますのでダブルクリックで開きます。開きますと下記のような表が表示されると思います。(見辛くてすみません…)

 

この表の3列目にある項目のご説明は下記になります。

Keyword:検索キーワード
Segmentation:地域や言語でのセグメント
Currency:通貨
Avg. Monthly Searches:月間検索ボリューム
Competition:競合性
Competition (indexed value):100に近いほど競合性が高い
Top of page bid (low range):ページ上部に掲載された広告の入札単価(低額帯)
Top of page bid (low range):ページ上部に掲載された広告の入札単価(高額帯)
 
この中で私のなかで必要だと思っているのは、「Keyword」「Avg. Monthly Searches」の2つだと思っています。
エクセルを教えるページではないので割愛しますが、先ほどの2つ以外の項目は削除し下記画像のように見やすいように整形します。次に「Avg. Monthly Searches」を降順にセグメントし、月刊ボリュームの多い順に変更します。
「Competition」や「Competition (indexed value)」はなぜ必要ないんですか??って思う方いらっしゃるのですが、こちらはリスティング広告の限っての競合性なので、SEOには関与しておらず、競合性が低いからといって、競合が必ずしも少ない訳ではないです。
 
頭も中で考えてブログを書いてもいいのですが、私の場合は下記の様にそれぞれのキーワードに対して「検索意図」や「解決案」「タイトル」などを追加・管理しています。あとあと見直したりする場合など、どういった方にどういう意図で書いている記事なのかを確認しやすくなりますし、修正する場合などや修正時に違う角度で見る場合での参考にもなります。
 
しょうたろう
ちょっとめんどくさそう!これって絶対にやらないとだめ?
しげ
絶対にやらないとダメっていう訳ではないけど、あとあとデータ分析する際の資料として使えますね!

最後に

SEO対策は簡単ではないです。ですがしっかりと取り組むことによって結果は必ずついてきます。
何より一番大事なのは相手の立場になって考えること。相手の立場になれば、どういうキーワードでどういう意図があって検索するのか自ずとわかってくると思います。

Googleさん目線ではなくユーザー目線でコンテンツを作成し、失敗してもいいので色々試していきましょう!